一般撮影

最初の診断に用いられる検査のひとつで、皆さんの良く知っている『レントゲン』のことです。 主に胸部や腹部、骨のレントゲンを撮影し肺や骨の病気、骨折などを診断する有用な検査です。

人体は骨、筋肉、様々な臓器等から出来ており、X線は体を透過しますが、それぞれの構造物によって吸収率が異なります。 例えば吸収率の高い骨は白く、肺は空気を含み透過し易い為、黒く写ります。 検査部位によって着替えが必要になる事があります。また撮影範囲内の湿布やアクセサリーなど、 診断時の妨げになるものは外して戴く事があります。


CT

CTはX線を使用して体を輪切りにした画像を得る検査です。検査部位や方法により変わりますが、検査時間は説明や検査の準備を含め、 おおよそ5~20分程です。そのまま検査を行う単純CT、造影剤を用いた造影CTおよびCTアンギオや3次元画像、CT冠動脈造影(心臓に血液を供給する血管の検査)を行っています。 検査部位に金属があると画像に影響があるため、検査着に着替えていただく場合があります。

妊娠中の方は検査が出来ないことがあります。主治医にご相談ください。


CT検査Q&A

Q.造影ってなんですか?
A.造影剤(ヨードを含んだ薬剤)を静脈から注入します。造影剤は血流に乗って全身に運ばれ、炎症や腫瘍など の血流が豊富な部分により多く集まり、単純CTでは不明瞭だった病変が明瞭な所見として画像に写ってきます。 また、注入された造影剤が頭の血管を通過中に撮影することで頭部の動脈が描出されます。同様に心臓や大動 脈、頸動脈や下肢動脈などを描出し、3D画像を作成することもできます。多くの情報を得ることが出来るため、検 査の種類や病気によっては欠かせない薬剤です。腎機能が正常であれば6時間で90%が尿として排泄されますの で、可能であれば検査1時間前までに少し水分を摂っておいてください。投与後は帰宅後でも構いませんので、普 段より多めに水分の摂取をお願いします。

Q.造影剤の副作用って?
A.造影剤に限らず、全ての薬剤には大小の副作用があります。軽い副作用は熱感、くしゃみ、蕁麻疹、吐き気などで すが、早期に軽快し、ほとんどの場合治療が必要になることはありません。重い副作用は血圧低下や呼吸困難、 ショックなどがありますが発生頻度は極まれです。気管支喘息やアレルギー体質の方は副作用のでる可能性が上が りますので、医師にご相談ください。投与後1時間~1週間後に蕁麻疹やめまい等の副作用がでる可能性がありま す。帰宅後も何かありましたら病院にご連絡ください。また、授乳中の方は投与後48時間は授乳を避けてください。 基本的に安全な薬剤ですのでご安心ください。

MRI 1.5T

磁気を利用して臓器や血管等を撮像する検査です。検査時間は着替えや準備を含め、おおよそ30分~1時間程かかります。 室内は極めて強い磁場が発生しているため、検査部位によらず、磁性体の金属(磁石にくっつくような金属)はMRI室内に持ち込むことは出来ません。 ペースメーカを使用している方は検査できません。衣服に金属がついている場合、検査着に着替えていただきます。 検査中は大きな音がし狭い空間に入るため、閉所恐怖症の方は検査できないことがあります。 主治医や担当技師にご相談ください。妊娠中の方は検査できないことがあります。主治医にご相談ください。


MRI検査Q&A

Q.大きな音は何ですか?
A.MRIは大きな電流を流し、それをON-OFF繰り返して撮像しています。これにより電流が流れている場所が振動を起こし、大きな音として聞こえます。

Q.怖くないですか?
A.狭い空間に入るため閉所恐怖症の方にとっては苦痛ですが、それ以外の方ではお子様でも受けれる検査です。

Q.今日の検査は○○だけしか撮れないんですか?
A.MRIの撮像範囲は限られています。コイルという器具を使用するのですが、検査部位により専用のコイルを使用し なければなりません。1部位の検査で20~1時間程掛かってしまうため、基本的に1検査1部位となります。

Q.メイクはどの程度なら大丈夫ですか?
A.ナチュラルメイクであれば問題ありません。アイシャドウ、マスカラ、口紅などには酸化鉄やコバルト等の金属が含まれ ていることがあり、不快感や発赤をきたすことがあると言われています。画像上、アーチファクト(虚像、偽の異常所見)の原因にもなりますので落としていただくことがあります。 ご了承願います。

Q.コンタクトレンズは大丈夫ですか?
A.カラーコンタクトやディファインコンタクトを付けたまま検査することはできません。視力矯正用のコンタクトは色が付いていても大丈夫です。

Q.入れ歯やインプラントは大丈夫ですか?
A.外せる物は検査部位によらず、外していただきます(歯に被せているような外せないものは大丈夫です)。 インプラントは基本的に大丈夫ですが、磁石で脱着可能な製品は磁力が強くなってしまう可能性があります(検査をすることは可能です)。

Q.妊娠中ですが大丈夫ですか?
A.妊娠初期の検査は控えたほうが良いです。妊娠中期以降であれば問題ないと言われています。いずれにしても、必ず医師とご相談ください。

Q.なぜヒートテック等の機能性肌着はダメなのですか?
A.MRIでは、湿った衣服は火傷を誘因するリスクの一つとなります。ヒートテックに限らず、体を暖かくするような類似製品は高い保温性と吸水性があります。 MRI検査で使用されるRFパルスにより体温が上昇することがあります(=発汗する)。以上のことから汗をかきやすく、乾きづらい特性がある機能性肌着は脱いで頂きます。

Q.造影ってなんですか?
A.造影剤(ガドリニウムを含んだ薬剤)を静脈から注入します。造影剤は血流に乗って全身に運ばれ、炎症や腫瘍などの血流が豊富な部分により多く集まり、 単純MRIでは不明瞭だった病変が明瞭な所見として画像に写ってきます。病気によっては欠かせない薬剤です。

Q.造影剤の副作用って?
A.造影剤に限らず、全ての薬剤には大小の副作用があります。軽い副作用はくしゃみ、蕁麻疹、吐き気などですが、 早期に軽快し、ほとんどの場合治療が必要になることはありません。重い副作用は血圧低下や呼吸困難、ショックなどがありますが発生頻度は極まれです。 気管支喘息やアレルギー体質の方は副作用のでる可能性が上がりますので、医師にご相談ください。投与後1時間~1週間後に蕁麻疹や発熱等の副作用がでる可能性があります。 帰宅後も何かありましたら病院にご連絡ください。また、授乳中の方は投与後48時間は授乳を避けてください。基本的に安全な薬剤ですのでご安心ください。

マンモグラフィ

乳腺内の腫瘤や微細な石灰化を描出することができます。当院はマンモグラフィ検診施設として認定されており、乳がん検診を受け入れています。 また、女性技師で撮影を行っています。より良い画像を得るため乳房を圧迫して検査を行います。 その際、痛みを感じる方もいらっしゃいますが力を抜いて検査に臨んでください。


マンモグラフィQ&A

Q.なぜ乳房への圧迫が必要なのですか?
A.乳房は立体的で、人により厚みも大きさも違います。厚みのあるまま撮影を行うと、乳腺や脂肪、血管などが重なり、不明瞭な写真になってしまいます。 そのため、乳房をなるべく均等に圧迫して、乳腺構造の重なりを分離させる必要があります。また、被曝線量の低減効果もあります。

Q.放射線被曝による危険は?
A.X線検査ですので被曝はありますが、乳房だけの部分的なものです。1回の撮影で乳房が受ける放射線量は、東京からニューヨークへ飛行機で行く時に浴びる 自然放射線のほぼ半分の量です。

Q.洋服を着たまま検査は出来ないのですか?
A.ごく小さな石灰化までも描出する専用の装置で撮影するため、髪の毛や洋服のしわも写ってしまいます。 診断に支障がでてしまうので、上半身は脱衣していただいています。ご協力をお願いします。

Q.月経との関係について
A.乳腺は女性ホルモンの影響を受けています。ホルモンの影響で乳房がしばしば硬くなったり痛みを感じたりします。 閉経前の人がマンモグラフィを受ける時は、月経開始後1週間くらいがベストだといわれています。

Q.乳がん検診は受けたほうがいいのですか?
A.近年、日本女性の20人に1人が乳がんにかかるといわれており、女性の壮年層(30~64歳)のがん死亡原因のトップとなっています。 早期であれば90%の方が治るがんです。早期発見が非常に重要なので、自己検診やマンモグラフィなどによる定期検診は大切といえます。

Q.豊胸手術をしていますが、マンモグラフィは撮影できますか?
A.撮影は可能です。しかし、撮影の手技やバッグの劣化などにより、バッグの破損や位置が移動する可能性があります。 このため、医師の診察後、必要であるならば撮影を行います。また、集団で行う乳がん検診の場合は撮影することはできません。

Q.授乳中の検査はできますか?
A.撮影は可能です。しかし、乳腺が発達しているため、圧迫時の痛みが強く、母乳が出ます。また、乳腺全体が白く写るため、診断が困難になります。 検診として受けるのであれば、卒乳後の方が良いと思います。ただし、しこりなどの自覚症状がある場合は授乳中であっても、乳腺専門外来の受診をおすすめします。

X線TV装置(DR)

透視装置を使った検査です。DR装置単体で行う胃透視、骨塩定量(DEXA)や全脊椎・下肢長尺などの検査、内視鏡やエコーを併用して行う治療や検査(PTCDやERCPなど)を行っています。 当院の装置は天板が床上47cmまで下がりますので、ご高齢の方でも安心して乗り降りすることができます。

IVR

血管造影は、肘・手首や脚の付け根などの動脈からカテーテルという細い管を挿入し、目的とする血管まで進め造影剤を注入して血管を撮影する検査です。 上記検査を治療に応用した方法がIVRです。当院では、主に以下のIVRを行っています。 肝癌に対する塞栓術、抗癌剤動注療法・胃静脈瘤などに対する塞栓術・血管閉塞、狭窄病変の治療として血管拡張術、ステント留置術。基本的に入院が必要な検査・治療です。