スキルアップ・取り組みなど

○ 認定看護師 ○
当院では現在、皮膚・排泄ケア認定看護師(WOCナース)と、がん化学療法認定看護師の2名が活躍中です。 患者さんのQOL向上を目指し、問題解決に向けて気軽に認定看護師へ相談できる体制をとっています。 また、勉強会を実施するなど、スタッフへの教育にも力を入れ、ケアの質が高められるよう活動しています。



○ BLSやICLSの研修を実施 ○
急変に対応できるようになるため、BLS(年3回:全職員対象)、ICLS(年2回:認定コース)研修を実施しています。 ICLS受講費用の半額は病院が補助しています。インストラクター資格も取得も可能です。 また、毎回救急隊の方々にも参加いただいて、緊急時の連携を深めています。



○ エキスパートナース ○
ACLSインストラクター:3名
JPTECインストラクター:3名
日本救急医学会ICLSインストラクター:10名
インターべンションエキスパートナース:3名
内視鏡検査技師:6名
など、様々な分野のエキスパートがおり、看護・指導にあたっています。


○ NST(栄養サポートチーム) ○
栄養管理はあらゆる疾患に共通した、最も基本的な医療の一つですが、当院では医師、看護師、薬剤師、管理栄養士、 言語聴覚士、医事課スタッフなど多職種がチームとなり、カンファレンス・回診、栄養状態のスクリーニング、 栄養管理の指導や提言、勉強会などを行っています。