リハビリテーション科

リハビリテーション科スタッフは、理学療法士15名、言語聴覚士1名、マッサージ師2名で構成されています。 各疾患別リハビリテーション料は、脳血管Ⅲ、運動器Ⅰ、呼吸器Ⅰ、心大血管Ⅰを取得しています。 当院は、急性期から回復期の患者さまが多く、疾患発症や術後、可能な限り早期より介入し心身機能の回復、 日常生活動作の改善を目指しています。



理学療法

入院では、骨折や人工関節術前後の整形疾患、心不全や心筋梗塞、心臓血管外科術前後の循環器疾患を中心に、脳血管、 呼吸器、外科疾患と幅広く多様な患者さまのリハビリテーションに対応しています。外来では、骨折後や変形性関節症、 腰痛症、肩関節周囲炎などの整形疾患を中心に、肺気腫などの呼吸器疾患の運動療法を行っております。 また、リンパ浮腫療法士によるリンパ浮腫ケア、指導も行っております。

言語聴覚療法

入院、外来にて脳卒中発症後の失語症や構音・聴覚障害、ことばの発達の遅れなどに対する言語訓練や食べる時に飲み込みにくいなどの 嚥下障害に対する嚥下訓練・指導を行っております。小児から高齢者まで幅広く対応しております。