臨床工学科

臨床工学科では、国家資格である臨床工学技士により血液浄化装置、人工心肺、人工呼吸器等の生命維持管理装置の操作及び 保守点検を行っております。 その活動範囲は多岐にわたり、医師や看護師と共にチーム医療の一員として、心臓血管外科手術・、心臓カテーテル検査、 人工透析、集中治療室における血液浄化療法および院内の治療機器の中央管理等に従事しております。

血液浄化業務
当院透析室では現在5床にて運営しております。当院は急性期の治療を主体としており、近隣施設様より緊急搬送された透析患者様を 24時間体制で受け入れ可能となっております。

整形外科、消化器内科・外科、循環器内科、心臓血管外科等の治療を希望される透析患者様にも対応致しております。 LDL吸着、腹水濾過濃縮再静注療法(CART)、白血球除去療法(LCAP)も施行しております。 その他、集中治療室における持続的血液濾過透析法(CHDF)、エンドトキシン吸着、活性炭吸着、血漿交換、 ビリルビン吸着、にも対応可能です。

心臓カテーテル治療
虚血性心疾患への対応は急性期病院において不可欠な治療分野であり、私たち臨床工学技士もチームの一員としての役割を担っております。 患者様の生体情報を正確にモニタリングするためのポリグラフの操作、デバイスなどの機器出し、血管内超音波の操作等を行っております。 また補助循環装置の操作も行っております。



体外循環業務
心臓血管外科で用いる人工心肺装置の操作を主に行っています。日本体外循環技術医学会のガイドラインに沿った装置やセンサー、 回路を使用し、患者さんに安全な医療提供を心がけています。 当院では大血管症例が多く、血液損傷や操作の安全面を考慮して遠心ポンプを使用しております。 また体外循環認定技士の取得にも積極的に取り組んでおります。その他、オペ室やカテ室、ICUにおいて、一時的に心臓の機能を補助、 代行する補助循環装置(IABP,ECMO)の導入、操作、管理も行っております。 緊急手術が多く、365日24時間対応のオンコ-ル体制をとっており、人工心肺の操作は常時2名、補助循環装置の管理は1名常駐で行っております。


人工心肺装置


心筋保護液供給装置


遠心ポンプと人工心肺回路


人工心肺運転中の人工透析


自動記録装置(人工心肺運転記録)


自己血回収装置


経皮的心肺補助装置(ECMO)


補助循環装置
経皮的心肺補助装置(ECMO)…左
大動脈内バルーンパンピング装置(IABP)…右

機器管理業務
人工呼吸器、NIV用呼吸器、インフュ-ジョンポンプ、除細動器などの医療機器の保守点検、管理を行っております。 その他、医療機器のトラブル対応や人工呼吸器のラウンドなどの業務もしております。


その他
肝臓にできた悪性腫瘍の治療法の一つである経皮的ラジオ波焼灼療法(RFA)にも機器操作の為に立ち会います。