薬剤部

薬剤部では、医薬品が効果的で安全に使用され、安心して患者さまに使用して頂けるよう薬剤業務を行っています。 特に、入院中の方には個人ごとの薬の管理、注射薬の個人別のセットを行い、安心できる薬物治療を目指しております。

薬剤師は薬のスペシャリストとして、ベッドサイドでの服薬指導や薬歴管理を通じて、お薬の効果や使用方法、 使用上の注意の説明、患者さんからのお薬に関する不安や疑問にお答えしています。 また、医師・看護師やその他のコメディカルスタッフとも連携しながら、様々なチーム医療に参画しております。


内服調剤

調剤室では、入院患者さまと一部の外来患者さまに処方された内服薬と外用薬の調剤・交付を行っています。 複数の薬剤師が処方内容を鑑査する事により、安全かつ適正な薬物療法に貢献しています。病棟薬剤師とも連携をとり、 錠剤の粉砕や一包化など患者さまの服薬状況に合わせた薬の提供にも対応しています。

注射調剤

注射薬の適正管理と注射調剤・鑑査を行っています。患者ごとに注射薬を取り揃え、投与量・投与速度・配合変化など薬学的観点から鑑査を行い、 リスクの低減とより効果的な薬物治療を提供することに努めています。

薬剤管理指導業務

患者さまに安全かつ正確にお薬を服用していただくことを第一に、病棟の専門性に合わせて、各病棟に専任薬剤師を配置しています。 入院時には、現在服用しているお薬について、飲み方や今までの副作用状況について情報収集しています。 また、サプリメントなどの服用についても伺います。入院中は、患者さまへ投与されるお薬について、効果は得られているか、 副作用が起きていないかなど、適正な薬物療法が行われるよう確認しています。退院時には、お薬の内容や副作用だけでなく 退院後の注意点等も含めて説明することで、安心して服用して頂けるよう努めています。

医薬品情報室

医薬品が適正かつ安全に使用されることを目的として、医薬品に関する情報を収集・整理し、医療スタッフに提供しています。 また、これまでに医療スタッフから寄せられた薬に関する質疑応答内容をデータベース化し、医師や看護師等に迅速で的確な情報提供を 行なっています。また、病院外からの医薬品に関する問合せにも責任をもって、出来るだけ速やかに対応しています。