急性心筋梗塞の話-心臓カテーテル検査と治療など-

講師:おおたかの森病院 循環器内科部長 江田 一彦 医師
(日本循環器学会循環器専門医、日本心血管インターベンション治療学会認定医)

急性心筋梗塞は、死んでしまうこともある心臓の病気です。心臓は筋肉でできていて、その筋肉を養っている血管(冠動脈)が、 血栓などにより詰まってしまうと、血液の供給量が不十分になり、心臓が部分的に壊死して、うまく働かなくなります。 すると、心不全や不整脈、ひどいときには痛んだ筋肉の部分に穴が開いて、心臓に裂け目ができ破れてしまうこともあります。

なぜ、狭心症は起きるのか?

心臓の血管壁に、プラーク(粥腫)、コレステロールなどが溜まり、壁が厚くなって血管の内側が狭くなると、 そこから先の血液の流れが悪くなって狭心症が起きます。階段や坂道を歩くと、心臓の動きが早くなり、冠動脈が狭くなっている部分から先は、 血液が足りなくなって、胸の圧迫感や胸が苦しい等の症状が現れます。



心筋梗塞とは?

血管の壁にできたプラークが弾けて、血管内に流れ込み、血小板等と混じって血の塊となります。 この血の塊が血管の狭くなっている部分を詰まらせて、その先に血液が行かなくなり、心臓の筋肉に壊死を起こしてしまうのが、心筋梗塞です。

心臓カテーテル検査とは

カテーテル検査や治療をするときは、手首の親指の付け根側にある橈骨(とうこつ)動脈や、肘の動脈、または腿の付け根にある鼠径部から カテーテルの管を入れていきます。カテーテルを入れる場所は、体の表面に近く、後で圧迫することで血が止まりやすい場所を選びます。 心臓を養っている冠動脈の血管は、心臓から上に向かって出ている大動脈の付け根から出ています。太い大動脈が全身に血液を送っていますが、 最初に枝分かれするのが、心臓に血液を供給している冠動脈です。 冠動脈をカテーテル検査で写し出すためには、冠動脈の付け根までカテーテルを進めて行き、造影剤を流し込んでレントゲンを使って動画で撮影します。 カテーテルは、太さが2~3㎜ぐらいのストローのように中空になっている細い管で、先は目的によって色々な形になっています。カテーテル検査は、 最初に針で刺すときに少し痛みを感じますが、血管の中をカテーテルが進んでいっても、痛みは通常は感じません。局所麻酔で実施するため、 治療の様子を見ることができ、患者さんが横たわっている左側にモニターが並んでいて、自分の血管がどのようになっているのかも見ることができます。 カテーテル検査を腿の付け根から行っていた頃は、止血するために一晩寝てじっとしている必要がありましたが、最近は手首から実施することがほとんどで、 全く行動の制限がなくなっています。車椅子で病室に帰ってから、歩き回ることも、ご飯を食べることもできます。もし腿の付け根から行う場合でも、 6時間程度で止血が可能になっており、以前よりも楽に検査できるようになりました。 しかし、このカテーテル検査や治療を日帰りで実施することは、当院では行っていません。一応、心臓の血管にカテーテルを入れる治療をしているので、 通常は2泊3日で経過を見守ってから退院してもらいます。

カテーテル検査・治療に合併症はあるのか

カテーテル検査・治療を行う際には検査・治療について説明して同意書をもらいますが、その同意書には合併症についても説明してあります。 造影剤や予防で投与する抗生剤によるアレルギー症状が出ることがあり、この造影剤は腎臓に少し負担をかけるので、腎臓の機能の悪い方は、 造影剤を減らして行うことがあります。 血管に管を入れていくため、血管を傷つけることがときにはあり、血栓などが脳に流れ込むと脳梗塞になる場合も考えられます。 他に、腿の付け根などから再出血が起きると、血腫という血の塊ができることがあり、腿の付け根から行うと、昔は長い時間、圧迫止血していたので、 脚の静脈に血栓ができてエコノミークラス症候群となり、肺で詰まってしまう肺塞栓が起きることがありました。

急性心筋梗塞のカテーテル治療について

血管の中に細いカテーテルを進めていって、狭窄部分の血栓を吸い込んだり、風船やステントで血管を拡げます。 風船には長さ・太さの違う色々な種類があり、その血管に合わせて選びます。このバルーン(風船)に金属の網でできたステントというのが乗っています。 このステントは、とても細く柔軟になっていて、狭窄部に持って行ってバルーンを拡げるとステントも一緒に広がり、血管を拡げてステントを留置し、 バルーンをしぼめて管を抜きます。 このカテーテル治療は、どんどん進化していて、最近では、再狭窄を起こさないように、薬剤を塗ってあるステントも広く使われています。

ロータブレーターとDCAが実施できる施設とは?

当院では、カテーテル治療をする際、バルーンがうまく広がらない場合やカテーテルの細い管が通らないほど狭窄している場合に、 粥腫を削り取るDCAというカンナのような形状のものや、石灰化している部分を1分間に約20万回転で削るロータブレーターというドリルのようなものを使って 拡げる治療を行うことがあります。 この特殊な治療は、どこの病院でもできるわけではなく、カテーテル治療の実績や、心臓血管外科が併設されている等の条件を満たしている施設だけが 認定を受けることができます。

血管内超音波でより安全・確実に

カテーテル治療を施行する際に、より安全・確実に行うために血管内超音波を用いることで、血管内部の断層画像をリアルタイムで見ることができます。 血管内の太さや、粥腫がどのような形状で付いているのか、石灰化していないか、さらにはステントを留置した際に、きれいに広がっているかを見ることができます。

胸の痛みは我慢せず、すぐにカテーテル治療のできる病院へ

急性心筋梗塞が狭心症の時と違うのは、どんどん心臓の筋肉が壊死してしまうので、急いで治療しなければなりません。 胸が痛くなってから、「一晩我慢して、明日の朝に病院に行こう」とか、カテーテルのできない病院で「一晩様子を見ましょう」というのは危険です。 すぐにカテーテル検査や治療のできる病院に行きましょう。 病院では、どういう風に痛みが起きたのか、他の病気があるかどうか等を聞きます。その後、心電図と心臓の超音波を撮り、今すぐカテーテル治療が必要か、 10分以内で判断します。その間にも、すぐにカテーテルができるように準備を進めています。

血栓溶解療法について

最近ではあまり行われませんが、カテーテル治療がすぐにできない場合に、血栓を溶かす点滴を使った血栓溶解療法があります。 しかし、血栓が解けて流れるまでに2時間ほどかかり、その間に心筋梗塞がどんどん進んでしまいます。 また一度流れても、再度詰まって、心筋梗塞になる可能性が高いため、お勧めはしていません。

カテーテル治療がすぐにできる心臓病救急[柏ハートネット]?

柏、流山、野田、我孫子地域には、心臓病救急 [柏ハートネット] の3病院があります。おおたかの森病院と、東京慈恵会医科大学附属柏病院、 それに市立柏病院が協力し合って、心臓病救急に24時間対応できる治療体制となっています。