平成30年度 おおたかの森病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 54 99 152 329 433 910 1619 1380 377
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 18 22.28 20.92 5.56 86.06
0400800499x00x 肺炎等(市中肺炎以外かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 17 26.06 18.59 5.88 88.06
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 14 22.36 12.58 0.00 81.64
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア1 10 14.78 13.46 0.00 85.22
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア2
解説
平成30年度厚生労働省人口動態調査の結果、「老衰」が死因第3位に浮上し高齢者が増えつつある社会であることがわかります。当院でも75歳以上の肺炎の症例や誤嚥性肺炎の症例が上位を占めていることから高齢者の罹患率が多い傾向にあることがわかります。近隣の介護施設や訪問医の先生方とも連携し、入院加療が必要な患者様には適切な治療を行い地域の皆様が安心できる医療を提供しております。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 処置2なし 23 14.96 11.87 4.35 73.83
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 23 9.91 10.00 0.00 70.22
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 処置2なし 定義副傷病なし 10 8.30 10.08 0.00 29.30
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし A-DROP スコア2 15.17
040200xx99x00x 気胸 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 8.98
解説
肺癌、肺炎、気胸、慢性閉塞性呼吸器疾患等様々な症例に対して治療を行っています。昨年度の肺癌の入院件数が約2倍になり、手術件数だけでなく化学療法目的の入院も増加しています。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
消化器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 111 2.50 2.67 0.00 68.05
060102xx02xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 小腸結腸内視鏡的止血術等 28 10.50 10.10 0.00 73.71
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 23 7.96 10.08 0.00 69.83
060140xx97x00x 胃十二指腸潰瘍,胃憩室症,幽門狭窄(穿孔を伴わないもの) その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし 19 13.74 10.58 0.00 72.32
060050xx0310xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む) 肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等 処置1あり 処置2なし 18 13.83 14.56 0.00 71.39
解説
消化管では胃,大腸等のポリープに対する内視鏡的ポリペクトミー,EMR(内視鏡的粘膜切除術),早期癌に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)を積極的に行っております。
当院では3市GIBネットワークに積極的に参画し、消化管出血に対する緊急対応の内視鏡手術が増えています。
胆膵疾患では,閉塞性黄疸や急性胆嚢炎,胆管炎の緊急入院が多く,内視鏡的切石除去術や胆道ドレナージ術を可及的速やかに施行し,原因疾患に応じて,その後外科にて手術を施行する症例が増加しております。肝疾患では,NASH(非アルコール性脂肪肝炎),PBC(原発性胆汁性胆管炎),AIH(自己免疫性肝炎),B型・C型ウイルス性肝炎等に対して線維化等を確実に診断するため積極的に肝生検を施行しております。肝生検は治療に対する非常に重要な情報を提供する役割を果たしております。また肝細胞癌(HCC)に対しては肝予備能等を考慮した上でTACE(肝動脈化学塞栓術)やRFA(ラジオ波焼灼術)を肝臓専門医が自ら施行しております。手術が望ましい場合は速やかに外科に依頼し安全な手術を行っております。また肝硬変に伴う消化管静脈瘤やシャント脳症等に対して,内視鏡的治療やBRTO(バルーン閉塞下逆行性経静脈塞栓術)やPTO(経皮経肝門脈側副血行路塞栓術)等の外科的治療に比較して侵襲の少ないIVR(インターベンショナルナジオロジー)を肝臓専門医が行っております。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症,慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 処置等1_なし,1,2あり 処置2なし 定義副傷病なし 309 3.30 4.47 0.00 72.26
050050xx99100x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_1あり 処置2なし 定義副傷病なし 288 2.36 3.01 0.00 69.51
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 91 14.52 17.66 5.49 83.65
050050xx99200x 狭心症,慢性虚血性心疾患 手術なし 処置等1_2あり 処置2なし 定義副傷病なし 81 2.23 3.15 0.00 72.12
050030xx97000x 急性心筋梗塞(続発性合併症を含む),再発性心筋梗塞 その他の手術あり 処置等1_なし,1あり 処置2なし 定義副傷病なし 62 9.58 12.52 0.00 69.87
解説
狭心症の治療を主として入院した患者数は709件になり、そのうち最も多いのが、1列目は血管内カテーテル治療による入院で、次いでので心臓カテーテル検査入院件数になります。3列目は手術や緊急の処置等を行っていない心不全の方の症例件数ですが、集中治療室で治療が必要な重篤な方も対応しています。5列目の急性心筋梗塞は全体で80件入院しており、その中でも血管内カテーテル治療を行った件数になります。当院は柏ハートネットに参加しており循環器疾患の救急車の受け入れを迅速に対応しているだけではなく、近隣病院からの紹介による患者数も年々増加しており重軽傷者に係らず幅広く対応させて頂いております。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病なし 125 2.20 3.94 0.00 68.29
060335xx02000x 胆嚢水腫,胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 74 8.39 7.30 0.00 63.20
060035xx99x50x 結腸(虫垂を含む)の悪性腫瘍 手術なし 処置2_5あり 定義副傷病なし 72 3.03 4.27 0.00 64.35
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石,胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 処置2なし 定義副傷病なし 60 7.43 10.18 1.67 71.85
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 57 5.33 5.49 0.00 36.21
解説
当科では、市の大腸がん検診の指定病院として、消化器内科と連携して診療にあたっており、このため消化器内科と同様に、大腸ポリープに対する内視鏡的ポリペクトミー・粘膜切除の件数が最も多くなっております。
また、積極的な救急対応で急性腹症の患者様を、周辺病院からの診療・手術依頼を可能な限りお受けしており、胆石・胆嚢炎、虫垂炎、腸閉塞(大腸癌に伴う 等)等の疾患に対し、手術適応を判断し、可能な限り手術痕の残らない単孔式腹腔鏡下手術での治療を目指しております。
その為、それらの疾患での治療件数が多くなっております。
また近年、大腸癌罹患患者様の治療件数増加にて、ガイドラインに準じた化学療法目的の入院が多くあります。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩,股等 101 32.31 26.30 49.50 82.56
160690xx99xx0x 胸椎,腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む) 手術なし 定義副傷病なし 65 24.23 19.61 33.85 81.26
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 31 5.74 5.68 0.00 66.48
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む) 人工関節再置換術等 25 30.24 24.26 0.00 74.16
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 処置2なし 20 30.90 19.32 35.00 81.81
解説
大腿骨頸部骨折や、脊椎圧迫骨折に対する入院が上位を占めています。救急外傷を随時受け入れている中で、人口の高齢化に伴い、救急搬送で受け入れる外傷・骨折患者の内容も高齢者特有の骨の脆弱性を背景としたものが増加しています。当科では、患者様の状態やご家族の希望に添えるよう術後早期のリハビリテーションを行い、また在宅復帰への支援や、リハビリ専門の病院にも紹介も含めて対応させて頂いております。また変形性膝関節症・変形性股関節症等の変性疾患も、高齢化に伴い増加しており、これに対して行う、人工関節置換術等の手術も年々増加傾向にあります。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病なし 発症前Rankin Scale 0,1又は2 15 19.00 16.18 13.33 73.13
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 処置2なし 定義副傷病なし 11 12.82 9.69 0.00 80.55
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 処置2なし 定義副傷病なし 7.35
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 18.72
010060x2990421 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内,かつ,JCS10未満) 手術なし 処置1なし 処置2_4あり 定義副傷病2あり 発症前Rankin Scale 0,1又は2 30.75
解説
当科では、CT・MR検査や超音波検査、脳血管撮影などを施行し適切な診断・治療を行い個々の患者様毎に綿密な治療計画を立て、様々な形で対応しています。
急性期救急疾患を積極的に受け入れており、脳出血や脳梗塞等の脳卒中や外傷性頭蓋内出血を中心とする重症頭部外傷患者の治療を中心に行っています。また急性期より積極的にリハビリテーションを施行し退院後も自立した社会生活を送れるよう支援しています。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 処置2_1あり 定義副傷病なし 35 25.34 28.37 22.86 67.43
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤,腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 処置2なし 32 16.44 12.01 18.75 76.41
050161xx99000x 解離性大動脈瘤 手術なし 処置1なし 処置2なし 定義副傷病なし 30 16.27 17.40 13.33 69.50
050080xx01010x 弁膜症(連合弁膜症を含む) ロス手術(自己肺動脈弁組織による大動脈基部置換術)等 処置1なし 処置2_1あり 定義副傷病なし 22 23.55 24.00 9.09 70.09
050163xx01x10x 非破裂性大動脈瘤,腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む) 上行大動脈及び弓部大動脈の同時手術等 処置2_1あり 定義副傷病なし 10 21.10 28.31 20.00 74.40
解説
1列目は急性大動脈解離で緊急手術を受けた方、主にA型。2列目は大動脈瘤に対し、ステントグラフトによる血管内手術を受けた方(緊急及び定例手術どちらも含みます。)、3列目は急性大動脈解離で手術を必要としなかった方、主にB型(緊急入院)、4列目は弁膜症手術を受けた方、5列目は大動脈瘤で開胸または開腹による手術を受けた方(ステントグラフト手術ではなく従来の人工血管置換手術、緊急及び定例手術どちらも含みます。)

平均在院日数はおおむね全国平均より短くなっています。2列目のステントグラフト手術については一般的にはステントグラフト手術が不可能である弓部大動脈瘤や胸腹部大動脈瘤についてもオーダーメイドステントグラフトを用いて積極的に行なっています。やや在院日数が長いのは緊急入院後、診断確定、治療まで数日を要し、更に合併症のため、長期入院となった方々が含まれているためです。
上記項目の数値は、厚生労働省の集計条件及び集計方法に基づいて算出しており、実際の数値とは異なることがあります。詳しくは心臓血管外科医師にお問い合わせ下さい。
                          shinge@otakanomori-hp.com
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 処置1なし 定義副傷病なし 22 7.18 5.62 0.00 59.91
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病なし 21 12.00 12.58 4.76 68.86
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 処置1あり 定義副傷病なし 19 2.00 2.53 0.00 70.95
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 処置1なし 処置2なし 10 11.90 7.20 0.00 76.40
11012xxx99xx0x 上部尿路疾患 手術なし 定義副傷病なし 10 4.00 5.86 0.00 56.00
解説
前立腺肥大症や膀胱癌、腎細胞癌、尿路結石等様々な疾患に対する手術、治療を幅広く取り扱っております。
PSA(前立腺特異抗原)検診の普及に伴い、前立腺生検目的の入院が多くなり前立腺癌の早期発見・治療に貢献しています。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 40 10 -,- 24 7,8
大腸癌 17 -,40 16,34 47 32 7,8
乳癌 12 25
肺癌 16 12 27
肝癌 13 41
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
解説
胃癌のStageⅠが多いのは、内視鏡で早期発見出来たものを治療できている事です。大腸癌は当院の診断群分類別をみても全体的に多い症例となっております。診断に応じて手術や化学療法等の施行を行っております。乳癌に関しては、マンモグラフィーを設置していることや健診センター・近隣のクリニックで早期に発見出来たがんの治療を行えているため比較的ステージが低いものが多い結果になっております。重症な方に関しましては、近隣の癌専門病院や大学病院と連携を取り治療を行っております。肝癌に関しましては、開腹手術だけでなくTACE(肝動脈化学塞栓療法)やRFA(ラジオ波焼灼療法)も多く行っております。肺癌は当院で手術後の化学療法目的で入院する患者様が多くいます。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 16 8.13 53.38
中等症 100 15.45 81.64
重症 29 23.14 85.55
超重症 22 28.73 84.59
不明
解説
市中肺炎とは日常生活をしている人に発症する肺炎であり、院内肺炎、誤嚥性肺炎、間質性肺炎等を除外した件数となっております。肺炎を主として治療した方を前年度220件受け入れており、高齢になるにつれ重症な方が多い傾向にあり、軽症例はすべて75歳以下という結果でした。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 61 30.30 79.18 34.43
その他
解説
全体の多くを占めているものが発症3日以内の急性期の脳梗塞の方です。脳梗塞を発症した場合、機能を回復させるためにリハビリテーションを行います。当院では患者様のQOLを考慮し十分なリハビリテーションを行い、在宅や介護施設においても復帰できるよう支援を行っています。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
解説
10件以上の手術なし
呼吸器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 11 6.64 6.64 0.00 32.64
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える)
K5141 肺悪性腫瘍手術(部分切除)
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)
K5132 胸腔鏡下肺切除術(その他)
解説
当科にて平成30年度の肺の悪性腫瘍の手術は26症例あり、最も多かったものが肺葉切除手術でした。次に多かった胸腔鏡下の肺切除術は、「気胸」の方が大半を占めていました。胸腔胸下で手術を行うメリットとしましては、手術侵襲の軽減、術後の早期回復、呼吸機能の温存などです。手術が必要と判断した場合なるべく早く手術が施行できるよう迅速な対応をとらせて頂いています。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
消化器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 95 0.38 1.27 0.00 68.31
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 36 0.81 10.14 0.00 72.69
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術) 29 5.34 17.14 0.00 73.62
K654 内視鏡的消化管止血術 27 0.33 11.07 0.00 69.93
K6153 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(その他) 18 4.72 17.06 0.00 61.39
解説
消化器科(消化器内科)で行っている手術は外科の症例も含めて胃,大腸等のポリープに対する内視鏡的ポリペクトミー,EMR(内視鏡的粘膜切除術),が最も多い現状です。当院では3市GIBネットワークに積極的に参画し、消化管出血に対する緊急対応の内視鏡手術が増えています。その為、昨年度は小腸結腸内視鏡的止血術が18件でしたが、今年度は36件に増加しました。早期癌に対するESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)も消化器内視鏡専門医が安全に施行しております。胆膵領域では,外科入院症例が多いのですが,閉塞性黄疸や急性胆嚢炎,胆管炎に対して内視鏡的切石除去術や胆道ドレナージ術を可及的速やかに施行しております。HCC(肝細胞癌)に対しては,肝予備能を考慮し,肝臓専門医がTACE(肝動脈化学塞栓術)やRFA(ラジオ波焼灼術)を行っております。TACE施行後RFAを行い完全なHCCの壊死を行う症例が多くなっております。また肝硬変に伴う食道・胃・直腸等の静脈瘤に対して内視鏡的硬化療法(EIS),内視鏡的静脈瘤結紮術(EVL),BRTO(バルーン閉塞下逆行性経静脈塞栓術),PTO(経皮経肝門脈側副血行路塞栓術)等を肝予備能や血行動態を十分考慮し行っております。このように様々な工夫を行うことで再発等を減らす可能性が高くなります。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 146 1.45 2.37 0.04 71.86
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 59 3.53 4.00 0.02 75.83
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 52 0.00 12.10 0.02 68.35
K5481 経皮的冠動脈形成術(高速回転式経皮経管アテレクトミーカテーテル) 34 3.85 3.85 0.00 74.74
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 30 2.97 7.87 0.00 79.83
解説
虚血性心疾患に対する待機的な治療の方は、基本的に手術の前日または手術の当日に入院して頂いています。ペースメーカー移植術も同様となっておりますが、緊急入院された方は術前処置として、体外ペースメーキングを行い、約1週間後に移植術を行う場合もあり平均日数が長くなっております。また急性心筋梗塞は24時間365日受け入れており、病院到着後直ちに手術を行えるよう体勢を整えております。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 116 0.09 1.19 0.00 68.84
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 93 2.73 6.23 0.00 63.72
K7181 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 47 0.28 4.11 0.00 37.83
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 41 4.12 4.11 0.00 75.54
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 40 1.02 7.60 0.00 70.60
解説
平成30年度の外科的手術件数は約520件施行で、消化器癌(食道・胃・小腸・大腸・肝・胆道・膵 等)及び 虫垂炎・ヘルニア等の良性疾患に加え、乳癌、甲状腺腫瘍、血管病変等の疾患の手術を施行しております。
適応病変に対しては腹腔鏡での手術を積極的に施行しており、特に患者様への負担が少ないとされる、SILSと呼ばれる単孔式(1箇所の小さな傷での)腹腔鏡下手術を取り入れております。
更に当院は肝・胆・膵の高難度手術に適応できる専門医がおり、この為近隣施設から癌だけではなく、胆石・胆嚢炎、総胆管結石等の良性疾患の治療依頼があり、胆嚢摘出手術に加え内視鏡的胆道ステント留置も数多く施行しております。
近年の大腸がん検診での便潜血陽性、大腸癌罹患患者様の増加に伴い、前癌病変であるポリープ、早期病変に対し、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術の施行が多く、また進行病変に対しては、食道癌・胃癌・膵臓癌等の患者様と同様に、抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植え込み型カテーテルの設置による術前・術後の化学療法を、副作用に充分対応し施行しております。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(大腿) 63 4.56 25.14 0.56 83.38
K0811 人工骨頭挿入術(股) 36 6.76 7.96 0.35 81.56
K0462 骨折観血的手術(前腕) 29 3.13 15.56 0.02 69.69
K0821 人工関節置換術(膝) 26 10.46 11.00 0.00 74.08
K0821 人工関節置換術(股) 19 2.50 14.90 0.04 68.79
解説
整形外科の手術件数は年間340件程度となっています。二次救急病院として、外傷の救急患者を随時受け入れていることを反映し、手術の内訳としては骨折が多くを占めます。また人口の高齢化を反映し、関節の変性疾患に対する人工膝関節置換術も年々増加傾向にあります。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 13 1.62 13.38 0.00 79.77
K1781 脳血管内手術(1箇所)
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他)
K386 気管切開術
解説
高齢者の認知機能障害や歩行障害を主訴に来院されることの多い慢性硬膜下血腫が比較的多いのが特徴です。手術件数の最も多い慢性硬膜下血腫に対しては入院当日または翌日に手術を行い迅速な対応をとらせて頂いています。脳ドックにも積極的に取り組んでおり、未破裂性脳動脈瘤治療については慎重に適応を決定し手術(クリッピング術、コイル塞栓術)を行っております。経皮的頸動脈ステント留置術は内頸動脈狭窄症や脳梗塞に対して、ステントを用いて治療を行います。また、髄膜腫や悪性脳腫瘍の顕微鏡下開頭手術も行っており必要に応じて頭蓋底外科手術手技を用いて安全かつ有効な腫瘍摘出手術を心がけています。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5601ニ 大動脈瘤切除術(上行)(その他) 38 0.16 27.03 0.20 70.55
K5612ロ ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 25 6.76 7.96 0.07 75.72
K5551 弁置換術(1弁) 16 3.13 15.56 0.02 71.94
K5612イ ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 13 10.46 11.00 0.04 73.62
K5603ニ 大動脈瘤切除術(上行・弓部同時)(その他) 10 2.50 14.90 0.04 76.20
解説
当科で予定入院の方は、通常手術2日前に入院して頂いておりますが、基礎疾患がある方はしっかりと検査を行い問題がない事を確認してから手術を施行しています。
1列目は急性大動脈解離の診断で手術を受けた方で、100%緊急手術のためこの数字になります。逆に2列目、4列目のステントグラフト手術を受けた方は、緊急入院後、診断確定、治療まで数日要し、更に合併症のため、長期入院となった方々が含まれているため、術前日数は長くなってしまいます。
1列目の急性大動脈解離の診断で手術を受けた方は、瀕死状態で搬送されそのまま手術となる為、全身状態の回復に約4週間を要します。2列目、4列目のステントグラフト手術を受けた方は、カテーテルによる血管内治療のため負担も少なく、平均術後日数は5列目の開胸または開腹による大動脈瘤の手術を受けた方に比べ短くなっています。

上記項目の数値は、厚生労働省の集計条件及び集計方法に基づいて算出しており、実際の数値とは異なることがあります。詳しくは心臓血管外科医師にお問い合わせ下さい。
                          shinge@otakanomori-hp.com
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 22 3.05 3.14 0.00 59.91
K8411 経尿道的前立腺手術(電解質溶液利用) 13 1.00 10.23 0.00 73.92
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 12 1.75 7.50 0.00 77.58
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 10 1.00 9.90 0.00 76.40
K821-3 尿道ステント前立腺部尿道拡張術
解説
膀胱癌、前立腺肥大症の手術にはTURisシステム(生理食塩水用いた内視鏡手術)を使用しています。予定入院の方は基本的に手術前日の入院とさせて頂いています。
尿路結石に対しては、レーザーを用いた内視鏡手術を行っております。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 28 0.51
異なる
解説
手術処置等の合併症で最も多かったものが、「後出血」で4件でした。当院での内視鏡的手術の増加により、それに伴う合併症として後出血の件数が増加したと思われます。
昨年度多かった「人工関節脱臼」は病棟での脱臼予防のための冊子の配布、手術方法の改善等により大幅に減少しました。
以降はその他の手術処置等の合併症の詳細件数です。術後創部感染4件、吻合部狭窄4件、術後腹壁膿瘍3件、LPシャント機能不全2件、人工股関節脱臼2件、造影剤ショック2件、カテーテル感染症、カテーテル関連尿路感染症、カテーテル敗血症、術後感染症、術後血腫、植込型カテーテルポート破損、人工関節感染、生検後出血、切断端感染症、透析シャント狭窄、縫合不全出血 各1件、以上計32件。また上記発生率は疾患別の発症数を平成30年度に当院を退院した患者数で割り、百分率にしたものです。
※患者数10件未満のものは-(ハイフン)で表示しています。
更新履歴

※当院は、病院情報を公表するにあたり医療広告ガイドラインを遵守しております。
厚生労働省ホームページ「医療法における病院等の広告規制について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/kokokukisei/