院長あいさつ

地域と共に10周年

つくばエクスプレスと時期を同じくして開院したおおたかの森病院も、2015年夏に10周年を迎えることが出来ました。 ”地域と共に”、“地域の住民の健康を守るために”を旗印に職員一同努めて参りましたが、この1、2年で急性期病院として一段と機能を高め、 さらなる飛躍を遂げました。これまでも循環器内科、外科、整形外科を中心にこの地域の救急急性期医療を担ってきましたが、 さらに、心臓血管外科、呼吸器外科、肝臓内科、消化器内科を加え、様々な疾患に、外科的・内科的にアプローチすることが可能になりました。 また、インフラも充実させ、心臓血管外科の手術室zeroを始動、日本内視鏡学会認定指導施設としての内視鏡センターをオープンしました。 そこで治療に当たるスタッフも、この地域で数多くの治療を行い豊富な経験を持つ各科の専門医は勿論のこと、資格を持った看護師や 臨床工学士といったメディカルスタッフが連携してチーム医療を行っています。開院時に目指してきた医療が着実に成長し、実を結んで参りました。