消化器・肝臓内科

当科では、食道、胃、大腸、小腸などの消化管疾患と、肝胆膵疾患を扱っています。

消化管疾患の代表的な症状は、胸やけ、のどのつかえ、腹痛、食欲不振、下痢、便秘、吐血、下血等です。 内視鏡検査、超音波検査、CT検査、MRI検査などの検査から総合的に診断し、治療します。 悪性腫瘍の約50%は消化器疾患と言われており、気になる症状がある場合はお気軽にご相談ください。

近年内視鏡技術の発達は目覚ましく、以前に比較し食道・胃・大腸癌が早期に発見される頻度が増加しています。 早期に発見して治療すれば内視鏡的切除で治癒する可能性が高く、当院では食道・胃・大腸の早期癌に対する ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)に積極的に取り組んでいます。また、胆道系疾患に対してはERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影)を行い、 胆管結石に対する内視鏡的切石術、胆道癌・膵癌による閉塞性黄疸に対する内視鏡的胆道ステント留置術、慢性膵炎に対する 膵管ステント留置術などの内視鏡治療を多数施行しています。

肝疾患に対してはB型・C型肝炎ウイルスに対する治療をはじめ、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)、 原発性胆汁性肝硬変、自己免疫性肝炎、肝細胞癌、食道胃静脈瘤など肝臓病全般について積極的な治療を行っています。
詳細は島田医師の紹介ページをご覧ください。       

島田医師「ドクターズガイド」
内視鏡センターのご案内

日本消化器病学会専門医制度認定施設
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本肝臓学会認定施設
千葉県肝疾患専門医療機関


△上へ戻る

スタッフ紹介

島田 紀朋(Shimada Noritomo)

職位:消化器・肝臓内科部長

~プロフィール~

学歴: 東京慈恵会医科大学 H3年卒
資格: 日本消化器病学会専門医・指導医・評議員・関東支部評議員、日本肝臓学会専門医・指導医・東部会評議員、 日本消化器内視鏡学会専門医・指導医・評議員・関東支部評議員、日本医師会認定産業医、医学博士
専門: ウイルス性慢性肝疾患・自己免疫性肝疾患の診断・治療、食道・胃静脈瘤の内視鏡的治療・IVR、 肝細胞がんに対する集学的治療(TAE・RFA・PEI・リザーバー動注化学療法等)、門脈圧亢進症に対するIVR(PSE・BRTO等)

名医を探すドクターズガイド

~略歴~
東京慈恵会医科大学第一内科、虎の門病院、東京慈恵会医科大学付属柏病院、平和台病院、新松戸中央総合病院、千葉徳洲会病院


△上へ戻る

安達 哲史(Adachi Satoshi)

職位:消化器・肝臓内科 医長

~プロフィール~

学歴: 千葉大学 H22年卒
資格: 日本内科学会認定医、日本消化器内視鏡学会専門医、がん治療認定医
専門: 内視鏡検査・治療、消化器病全般

~略歴~
新松戸中央総合病院、東大宮総合病院、東葛病院

内視鏡センターのご案内


△上へ戻る

相澤 良夫(Aizawa Yoshio)外来日:火曜終日

学歴: 東京慈恵会医科大学 S51年卒
資格: 内科学会指導医、消化器病専門医・指導医、肝臓専門医・指導医

△上へ戻る

内藤 嘉彦(Naito Yoshihiko)外来日:火曜午前

学歴: 杏林大学 H2年卒
資格: 消化器病専門医、肝臓専門医、
日本医師会認定産業医

△上へ戻る

高森 旭隆(Takamori Akitaka)外来日:水曜13:00~14:00

学歴: 鹿児島大学 H2年卒
資格: 消化器内視鏡専門医、消化器病専門医

△上へ戻る

礒部 美也子(Isobe Miyako)金曜午前

学歴: 東邦大学 H12年卒
資格: 日本内科学会認定医、消化器病専門医

△上へ戻る